システム事例

■ デジタルビデオ・テーク・システム ■

■デジタルビデオ・テーク・システムとは・・・

・端末パソコン内に蓄積された、複数のデジタルデータ(MPEG2)から、見たい番組をタッチパネル画面で簡単に選択して視聴することができます。

・数台の端末パソコンを管理パソコンで 一括管理します。また、既存のビデオテープ(※1)の資産をビデオデッキと管理パソコンの付属ソフトを使って、簡単にデジタルデータ(MPEG2)に変換することができます。

・MPEG2データは長時間使用による画質の劣化がありません。いつでも綺麗な画像の番組を見ることができます。

・それぞれの端末パソコンは独立稼動しています。MPEG2データはそれぞれのハードディスク内にあるので、故障発生時も他のシステムには影響しません。
ネットワークへの接続はメンテナンスの時だけです。効率良く管理が行えます。

・サーバーを必要としないので、端末パソコンの数がが3台〜5台の場合、低価格でシステムを構築することができます。

※1 既製のビデオテープは著作権を侵害する恐れのあるものや、コピーガードされている場合は使用できません。


■管理パソコンでビデオテープをMPEG2変換・順次転送



・ビデオテープの番組を管理パソコンに内蔵されたMPEGキャプチャーボードで取り込んで、簡単にMPEG2データに変換することができます。

・ 取り込んだMPEG2データは、管理パソコンの「転送ソフト」を使って順次端末パソコンへ転送(コピー)できます。

・管理パソコンの「転送ソフト」は操作手順が表示されているので、誰でも簡単にお使いいただけます。(プレビュー、ファイル名の変更、削除、等のファイル管理機能、ファイル転送予想時間・経過グラフ表示・経過パーセント表示機能)

・30分の動画データを端末パソコン一台に約4分で転送することができます。(1000BASE-TXの時)

・80Gのハードディスクに30分の番組を約42本蓄積することができます。DVDディスク約11枚分に相当します。(※2)

※2 圧縮設定をMPEG2規格 8Mbps、音声MPEG1Layer2_224kbpsのビットレートで設定した場合です。調整により番組のファイル容量が大きくなることがあります。


■管理パソコンで「選択画面データを簡単に作成」


・管理パソコンで作成した「選択画面データ」を端末パソコン毎に個別に設定、又は一括設定する事ができます。

・管理パソコンの「選択画面データ作成ソフト」は操作手順が表示されているので、誰でも簡単にお使いいただけます。

・大量の動画データを「選択画面データ作成ソフト」 を使って分類毎に整理し、端末パソコンの選択画面にわかりやすく番組表示することができます。

・端末パソコンの表示通りのプレビュー機能があります。作成後の確認も安心して行えます。

・ファイル名を自動的に番組名として読み込むので、番組名を新たに入力する必要がありません。

・新規作成、既存データ読み込み作成、バックアップデータ読み込み作成ができる、多彩な作成機能があります。(書き込みミスを防止するための、バックアップ機能があります。最大過去10ファイルバックアップします。)

■基本構成

機器・ソフト
数量
内容
端末パソコン
1〜5
[パソコンの推奨スペックはお問い合わせください]

管理パソコン
[パソコンの推奨スペックはお問い合わせください]
MPEGキャプチャーボード
管理パソコン用MPEG変換/録画ボード・ソフト
15”LCDタッチパネルモニター
1〜5
解像度:640×480 1600万色表示
17”LCDモニター
解像度1024×768以上 1600万色表示
端末ソフト
1式
端末用パソコンにインストールします。
管理ソフト
1式
管理用パソコンにインストールします。
UPS
1〜5
端末用パソコンの無停電電源装置
アンプ・スピーカ
1〜5
端末パソコン音声用
ビデオデッキ
ビデオテープの番組再生用
スイッチングHUB
HUB端子数は設置台数を確認 1000BASE−T対応
イーサネット設置
1式
LAN接続