システム事例

■ 放送スケジュール管理システム■

■システムの概要

商業施設におすすめです。

施設の放送スケジュールを管理し、放送業務を円滑化するためのシステムです。
登録したスケジュールに従って自動的に機器の制御を行い、各系統への放送を行います。リモコンマイクで放送先を選択して館内放送をすることもできます。

1.基本パターン
スケジュールの登録は、まずベースとなる基本パターンを最大8通り(平日、土曜日、日曜日、祝日、特別日1〜4)登録します。
パターンを登録したら、カレンダー画面で日付ごとにパターンを割り当てます。
(デフォルトは、曜日、祝日に合ったパターンが割り当てられています。)

2.追加パターン
基本パターンの他に、追加パターンがあります。追加パターンは、基本パターンに重ねて登録できるパターンです。
追加パターンを割り当てた場合、基本パターンと追加パターンの両方が稼動します。
追加パターンは、複数重ねることができます。



※基本パターンは色分けで表されます。
※追加パターンは丸い印で表されます。
<カレンダー>
<基本パターン登録>


■システム系統図


■システムの特長


・見やすい表示で、スケジュールが一目瞭然です。
・放送の系統数や使用する機器は、設置環境や用途に合わせて設計します。
・LAN経由でスケジュールを把握できるため、制御ユニットのある場所まで行かずに、事務室からスケジュールの変更ができます。
・様々な日付指定が可能です。特別日の日程は以下のような日付も簡単に指定することができます。
 ・毎月1のつく日(1日、11日、21日、31日)
 ・1月から3月の第1、第3水曜日
 ・8月の第2から第4週の火曜日から木曜日
・管理PCはスケジュールを登録するときだけ接続し、通常は制御ユニットのみで運用します。
・運用中にハードディスクやOSのトラブルの心配がありません。
・親時計から時刻補正信号を入力することで、常に正確な時刻でスケジュール放送をすることができます。
・法律の改正により祝日が変更になった場合でも、設定を変更することによりカレンダーに反映されます。

 
祝日一覧
日付固定の祝日設定
第2月曜日などの設定


■納入例

・デパートや駅ビルなどの商業施設
・各売場、駐車場向けの案内などをICレコーダに記録し、定期的に放送することができます。
・矯正施設
・起床の合図やチャイム、ラジオ放送などをスケジュール化し、自動放送します。


■基本構成
機器・ソフト
数量
内容
管理パソコン
スペック
推奨スペックはお問い合わせください。
管理パソコン用ソフト
1
スケジュールの登録や運用状況のモニタリングを行います。
制御ユニット
1
ソース機器やスイッチャーを制御します。
ソース機器
必要数
CDやカセット、ICレコーダなどです。必要数を構成に組込みます。
マトリクススイッチャー
放送する音声を各系統に振り分けます。
リモコンマイク
マイク放送をします。
音声切替ユニット
マイクの音声を優先的に放送するための機器です。
電源制御ユニット
各機器にAC100V電源を供給します。